妄と想

週末作家の連想いろいろ。https://twitter.com/KeitaIriyama

手持ちの本から02/音楽の秋と読書の秋を同時に

  真夏も遠くなり、朝晩が過ごしやすくなりました。さて、読書の秋と音楽の秋を同時に楽しんでみてはいかがでしょう。

  演目は、ヴァージニア・ウルフの弦楽四重奏団と、梶井基次郎の器楽的幻覚。共に掌編となっております。

 

 

 

 ■弦楽四重奏団/ヴァージニア・ウルフ■

 

ヴァージニア・ウルフの弦楽四重奏団は混ぜ書きで、全てが音の比喩描写なのか、演奏中の観客のやり取りがコラージュのように挟まれているのか、文末も、演奏の終わりを表現したのか、演奏会終了後のやり取りなのか、明確な区別のないまま書かれています。

 

 

http://www1.bbiq.jp/kareha/trans/html/string_quartet,_the.html

 

ヴァージニア・ウルフ短篇集 (ちくま文庫)

ヴァージニア・ウルフ短篇集 (ちくま文庫)

 

 

■器楽的幻覚/梶井基次郎

 

梶井基次郎の器楽的幻想は、目がやっていることと、耳がやっていることが分けられており、楽曲に影響を受けた自己となっています。休憩時間は休憩時間、演奏終了後は演奏終了後と、きちんとわかるのが特徴です。

 

http://www.aozora.gr.jp/cards/000074/files/422_19700.html

 

 

檸檬

檸檬