読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄と想

週末作家の連想いろいろ。https://twitter.com/KeitaIriyama

ぼくの小説に影響を与えた本その1

芝生の復讐
芝生の復讐 (新潮文庫)
リチャードブローティガンによる短編集。
芝生が復讐する表題作が面白いです。
のんきだったり、カラーフィルムのホームビデオのようだったりします。

ヴァージニアウルフ短編集
ヴァージニア・ウルフ短篇集 (ちくま文庫)
短編集。
異界と繋がっている人を初めて見たと思いました。
「青と緑」、「弦楽四重奏団」などの色や音を表すために塗り込まれた言葉に衝撃をうけました。
意外にアブストラクトな印象です。

箱男
箱男 (新潮文庫)
安部公房が好きというと叔父辺りの年代の人はあれは難しいねと言い、同級生の女の子は面白いと言っていました。
冒頭にある、男がかぶるための箱の製法が正確で、製図のような文章だと思いました。
徘徊暮らしのリアルさ、偽箱男や箱を売ってくれと言う看護婦。誰が誰だかわからない、物語が始まる前の物語。楽しかった。

カンガルーノート
カンガルー・ノート (新潮文庫)
晩年の安部公房の作品。
スネからかいわれ大根の生えた男が、自走式ベッドで地獄めぐりする話。
白昼夢のような文房具のプレゼン、主人公の知識すらも追っ手になったり、空飛ぶイカ爆弾から逃げるシーンもあります。
イメージに特化した日本語の省略精神、切れ味も醍醐味。

エレンディラ
エレンディラ (ちくま文庫)
ガブリエル・ガルシア=マルケスの短編集。
世界で一番美しい水死人の話は、ぼくの好きな作品ベスト3に入る短編です。
死者の埋葬で共同体が一丸となる過程と、ラストに学ぶものがありました。

予告された殺人の記録
予告された殺人の記録 (新潮文庫)
同じくガルシア=マルケスによる中編小説
証言のモザイクが増えるたびに1つの事件が浮き上がっていくのが気持ち良かったです。

笙野頼子三冠小説集
笙野頼子三冠小説集 (河出文庫)
笙野頼子 作。
土着で狂った不思議な「二百回忌」という作品が好きでした。トランス状態のような蘇生の儀式が終わり、大段円の果てに帰宅して、呪術の余韻として登場する最後の消しゴムが、拍子木のようなちんまい終わらせ方を担っていて好きです。

カメレオンのための音楽
カメレオンのための音楽 (ハヤカワepi文庫)
トルーマン・カポーティー 作。
カメレオンの色の変化が、疑わしい婦人の玉虫色の回答に色を添えています。
自分は解決しない事件ものが好きなんだと自覚した作品。

河童、或る阿呆の一生
河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)
芥川龍之介 作。
歯車の短い文章が章分けされているのが、小学生の自分には新鮮でした。
余白は優しいから好きなんだと思います。

薮の中
藪の中 (講談社文庫)
一人の男の死に関して、様々な証言を連続して並べて書いているが、証人と当事者の発言は七人七様で、全ての辻褄があわない。
解決されない事件というより、疑えば皆が疑わしく見える。という小説なんだと思いました。

スローラーナー
スロー・ラーナー (トマス・ピンチョン全小説)
トマス・ピンチョンの短編集。
エントロピーという、部屋で引っ越しパーティーをしている連中には和音コード、別の部屋で弱った猫を見守る男女には熱力学の用語が暗喩としてちりばめてあります。
音楽にはフィナーレ、熱力学にはヒート・デス
始まりがあったら終わりがあるという、共通点にはっとしました。


そのようなものが自分の体を通って混ざると
こんなものが出来上がります。

SNACK ADVENTURES
SNACK ADVENTURES
変な話って、いいですね。

https://twitter.com/KeitaIriyama